GOPAN その後

昨年11月末にエラーコードが表示されて、修理依頼しましたが、1週間ぐらいで修理から戻ってきて、使おうとしたら、ふたが閉めてあるにもかかわらず、OPENと表示が出て、再修理となりました。
画像
二回とも基板の交換だったようです。

で、汚れがこびりついた回転羽根と、テフロンのはげたパンケースも交換になりました。
GOPANで一番イラつくのが、焼き上がった後のパンが取りにくい、取れないことでした。
パンケースの底から出ていて、回転羽根を差し込む軸の隙間に、米パン生地が入り込んで、堅くなってしまうのが原因でした。
交換されたパンケースを見ると軸の形状が変わっています。従前は、上から下まで径の変わらない丸棒でしたが、新しいのは、所々テーパーに削ってあります。どうやら、同じ苦情が多かったと思われます。
従前
画像

修理後
画像

修理後拡大
画像
又、従前よりガタを多く取っているようです。
数回、焼いてみましたが、簡単にパンが取り出せるようになりました。

簡単にパンが簡単に取れるようになったよと、カミさんに言ったら、じゃあ、今度は私が使おうと言って、召し上げられました。あまり米パンを私が口にしないまま、GOPANは私の手を離れました。

GOPAN:http://ja.wikipedia.org/wiki/GOPAN

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック