東京キューバンボーイズ

11月14日に、見砂和照(みさごかずあき)と東京キューバンボーイズのコンサートに行きました。成田国際文化会館です。
画像

画像
席は前から4列目。サキソフォンの青地にSのブランドマークがぎりぎり見える。
画像

画像

画像
2時間のコンサートで、間に15分の休憩が入る。
マンボブームを経験しているお客様は、トイレが近い年代だからか?
画像

久方ぶりに、生のラッパの音を聞いて楽しかった。
画像

わたしが子供の頃、見砂直照(みさごただあき)と東京キューバンボーイズというビッグバンドがあって、その息子さんが再結成したバンドとのことです。ちなみに私は見砂和照ドラム教則ビデオを持っています。
キューバにペレス・プラード楽団というマンボのオーケストラがあって、基本そのコピーバンドだったと記憶しております。
その時代、原信夫とシャープス&フラッツとか、有馬徹とノーチェ・クバーナとか、ジャズ系だったり、ラテン系だったりオーケストラが沢山ありました。その当時の流行歌はほとんど伴奏がビッグバンドでしたので、そういう仕事もずいぶんしていたのだと思いますが。

大学のジャズオーケストラでギターを弾いていた先輩に誘われて、どっかの音楽イベントで警備のバイトをしたことがあります。バックバンドにノーチェ・クバーナが来ていて、リハーサルでピアノかなんかで、エル・マンボ?が始まり、楽器をケースから出した順に曲に合流してゆき、一曲終わったら、チューニングが完了しているのを見ました。プロの手際の鮮やかさに唸った記憶があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック