手押し肥料散布機・ミニブロードキャスター購入

バーネットビレッジの芝生は、年数回の肥料散布をしている。
開業時から使っている肥料散布機・ミニブロードキャスターの車輪のスポークが錆びて、車輪からはがれてしまった。散布量調節のシャッターも錆びて穴があいてきた。
画像

画像


購入した農機具屋の社員に相談したら、二十年も使って修理も無いでしょうと。
新しいの売ってる?と聞くと、メーカーがすでに無いと。やむを得ず、ネットで探す。
茨城の小沼農機のページに同じものがある。\48,000+運賃\2,000と。
購入する。

新旧比較
画像

画像

でも、微妙に違う。
メーカー名
画像

画像

肥料ホッパー内部。古い方はアジテーター(攪拌機)がついている
画像

画像


いつも散布している高度化成14-14-14
画像


散布しながら撮影したので、なんだかよく分からないと思う。
画像

上のホッパーから落ちた肥料が、車輪からの動力で回っている円盤の上に落ちて、円盤の回転力で5メートル位広がって飛ばされ、芝上に落ちる仕組みだ。

ブロードキャスターは、テレビ番組や、グレッチのドラム、フェンダーテレキャスターの旧名みたいだが、これはこれで、昔からある農機具なのだ。
トラクターにつけるものだと、円盤飛ばし型のスピンナータイプと、扇状に振れる筒先から散布型のフリッカータイプがある。
購入したのは、分類すれば、スピンナータイプになる。

購入後に小沼農機のページを見たら、販売品目から落ちていた。最後の一台だったらしい。
二十年後に錆びて壊れた時、同じ物をを買おうとしても、多分無いのだろう。
しかし、それ以上に、二十年後に同じものを買って、それを押せる体力が残っているかどうかを心配すべきであろう。
このごろは、道具や機械を買うとき、機械の寿命と、自分の寿命とどちらが先か考えるようになってきた。

小沼農機・堆肥、肥料散布機:http://onumanouki.com/category/10/
ササキ農機ブロードキャスター:http://www.sasaki-corp.co.jp/topix/burokasutopix.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック