道路舗装と排水路掃除

田舎に住んでいると、地元の作業に参加することが、しばしばある。
2月11日は農道舗装の補修、12日は排水路掃除に参加した。
昔は道普請(みちぶしん)、澪普請(みおぶしん)と言っていたと思う。

わたしは、白浜保育園の理事を引き受けている。
2月11日、隣の辻集落の農道補修なので、長塚集落に住む私は、本来、参加義務は無い。
しかし、ママが運転する保育園通園の車の方が、農家のジイさんの運転する軽トラより、はるかに多く通行するんだから、保育園からも参加して欲しいと、隣集落から要望されたそうで、私も参加することになった。
勤労奉仕という言葉があったよね。

工事前
画像

道の両側に、アスファルトの厚みの木材を並べて砂で押さえる
画像

溶けたアスファルトみたいな、合剤散布
画像

画像

アスファルトをダンプが下ろす。温度は200度と。
画像

フィニッシャーが動き出して舗装開始
画像

そのあとをローラーが続く
画像

画像

ダンプからフィニッシャーへアスファルトを補給している
画像

舗装は終了
画像
このあとは、道路端に並べた木材を回収して、木材の跡に砂を入れて、整地して完成なのだが、用事があるので、午後2時前に中座させていただいた。


2月12日長塚集落の排水路掃除。
水路の草を刈ったり、埋まっているところを掘ったり。
長塚集落内・うちらの住んでいる下里のメイン排水路。雨水や雑排水等も流れてくるので非農家も参加している。と言うか、25戸ぐらいの下里で、水田農家は、今や2軒なんだから、水田農家だけでは無理なのだ。

右が光しおさいサッカーグラウンド。
画像

逆向きから撮影・左がサッカーグラウンド
画像

画像

画像

歩道の縁石に腰掛けて休憩
画像

区長(町内会長みたいな)が軽トラックで配達してきたパンと缶飲料が支給される。うぐいすパンうまい
画像

休憩後も水路掘りが続く。
画像
支給されたお弁当を食べて、長塚下里を排水路側から一周して午後2時頃に終了。手足の筋肉をこんなに使うのは、一年に一日、この日だけ。毎年排水路掘りの翌日は、筋肉痛に苦しむ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック