ご心配おかけしております。

9月9日の台風15号の停電、屋根瓦一部破損、10月19日の19号や10月25日の21号くずれの大雨と、今年の秋は散々です。

テレビに名前が出ることがほぼ無い、我が横芝光町と言う文字が、テレビに出たりしたものだから、各地の友達や、いつもご利用いただいているお客様、近々宿泊なさるお客様から、ご心配のお電話やメールをたくさん戴きました。恐縮至極です。お心遣いありがとうございます。

10月25日16時30分 当地の真上を雨雲が通過する、気象庁ホームページ 雨雲の画像P1040348 - コピー.JPG

幸いにして、営業に支障が出るほどの、被害はございませんでした。10月25日の豪雨も、佐倉で230ミリと報道されましたが、こちらでは130ミリ、中庭が水没したぐらいで、26日に宿泊されたお客様は、水たまりを見ながら、バーベキューを楽しんでおいででした。
中庭の水没なんですが、元々、大雨が降ったときは、遊水池になるように設計しておりまして、想定内でございます。が、今年の10月は総雨量250ミリくらいで、地下浸透と敷地の隅に有る排水パイプだけでは排水が間に合わず、ポンプ排水しました。
10月28日昼の画像です。排水ホースが写っています。DSCN1235.JPGDSCN1236.JPG

この頃の荒ぶる気象を考えると、今年は難を逃れたが、もう100ミリ多く降ったら浸水するかも知れない、もう5メートル風が強かったら、屋根が無くなっているかも知れないと言う気持ちになります。運良く、台風の最強部から外れただけだと思います。これは日本中に言えることかも知れません。

今日、高校の同級生・小長谷顧問税理士から電話があったので、話のついでに、旭市・旧海上町の実家は大丈夫だったの?って聞いたら、縄文時代から人が住んでいる台地なんだから、そっちみたいな海だったところや、河原だったニコタマや、沼辺だった田園調布とは安全度が違いよと、一蹴されました。 くやしかったから、でも、人口密度は縄文時代と変わらないんでしょうと、言ってやろうかと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント