再々・おばこや

またも、おばこやです。
今回は、町外から通勤するバーネットビレッジ新人スタッフ・おばこやファーストコンタクトです。
画像

いつものごとく、カシラはシオで、レバ、ハツはタレで。モツ鍋は2人前。
画像


最近のメニューです。
画像

以前のおばこやは、声のでかい赤い顔のオジさん達の巣窟でしたが、最近は若い女性従業員が増えて、デザートメニューも増えて、女性も入りやすくなったようです。・・・デートには相変わらず向いていませんが。
ファーストコンタクトのスタッフたち・・以前行ったモツ屋よりかなりおいしいとのこと。


おばこや:http://obakoya.net/

大利根土地改良区総代視察研修・八木沢ダム の翌日

二日目は視察無し、普通の観光バスツアーです。
旅程表は、 吹割の滝→酒造誉国光→伊香保町内昼食
→水沢観音→地元 と書いてあります。

吹割の滝・・養老の滝の大規模版・通路柵無し・水冷たそう・流れ早そう・落ちたらダメそう・通路脇に花が置いてある・写真に何か写りそう・でした。
画像

画像


観光酒造屋では、日本酒の味が分からないので、奈良漬けと、守口大根の粕漬けを買いました。

昼食は水沢うどん(日本の三大うどんなのだそうです)。うどんの味もよく分からないが、うまかった。
画像
画像

世界三大一覧のページを見ても、世界三大うどんの項目は無かった。世界最大ギタリストはクラプトン、ジェフベック、ジミーペイジとあったが、衝撃度から言えばジミヘンの方が上でしょうと思う。エレキ売り上げに貢献したのは前三者でしょうが。

次は水沢観音。天台宗だそうです
画像
土産物屋のショーケース
画像

仏頭のみならず、道祖神・埴輪・縄文土器・遮光器土偶まで売っている。すべてのものに仏性が宿るということか
画像
立ち寄るところははこれにて終了。

あとは1時間30分ごとにサービスエリアへ降りて、トイレへ行き、飲み物を買い、19時頃大利根土地改良区へ着きました。

吹割の滝:http://www.houbien.jp/fukiware/
酒造誉国光:http://www.houbien.jp/fukiware/
水沢うどん:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%B2%A2%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93
世界三大一覧:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%89%E5%A4%A7%E4%B8%80%E8%A6%A7
水沢観音:http://www.mizusawakannon.or.jp/

大利根土地改良区総代視察研修・八木沢ダム

先日、千葉県大利根土地改良区(利根川の水を汲んでいる用水組合)の総代視察研修があり、参加してきました。
去年は渡瀬遊水池、今年は利根川の源流にある八木沢ダムです。
観光バス3台で匝瑳市を6時半に出発し、到着13時30分です。
隣に座ったI氏が太ってきて、足を広げて座るモンだから、狭かった。

で、アーチ形の八木沢ダムを上から。130m下を見ると気持ちの良いものではない。
画像

内部見学にはヘルメット着用。エレベーターで下に下りると9℃
画像

下から見上げたダム。右側が発電所、通常入れない区域・・・この瞬間に地震が起きたらとは考えなかった。
画像

ダムの下には東京電力の発電所がある。発電機1基で8万キロワットだと。バーネットビレッジが43キロ契約だから、1860個分です、それが3基。
画像

ダムの上側の水がたまっているところは奥利根湖という名前。遠くに雪を頂いた山が見える、千葉ではあり得ない風景。
画像


視察が終わって、アルコール解禁。私も缶ビール2本呑みました
画像
夜の宴会。加齢臭漂う百人弱のゆかた姿。
画像

コンパニオンのオネエさんにうらやましい怪しからぬまねをしている奴もいるようで、懲らしめのため公開。
画像

バスの中で、「まだ君に恋してる」のカラオケはないのかと、叫び続けていたO氏、念願かなって披露の図
画像


このように一日目は終わる。

八木沢ダム:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A2%E6%9C%A8%E6%B2%A2%E3%83%80%E3%83%A0
利根川ダム統合管理事務所:http://www.ktr.mlit.go.jp/tonedamu/

九十九里・木戸浜・海岸清掃

最寄りの海岸・木戸浜の海岸清掃が行われました。
役場産業振興課・白浜小学校高学年・観光協会・
行政協力員・民生委員・不法投棄監視員等の方々が参集しました。
バーネットビレッジは観光協会での参加です。

今日の木戸浜
画像

黄色い帽子が小学生
画像

画像


このようにゴミが落ちています。
画像

カメノテ状のものがついたペットボトル・・何年漂流?
画像

コウイカの背骨
画像

ツメタガイの卵塊・砂茶碗
画像

前がコウボウムギ、奥が浜昼顔 ここはコアジサシの営巣地で立入禁止
画像

午後1時30分集合、午後3時頃終了でした。
ゴミは何カ所かに集積し、後で役場のトラックが集めます。
画像


7月17日が木戸浜海水浴場の海開きだそうです。



富津金谷明鐘岬・保田ばんや

ダイビングスクールTerra海洋講習に同行して明鐘岬へ潜ってきました。
今の季節の常として、ドライスーツかウエットスーツか迷いましたが、
雨らしいのでドライにしました。

ウミウシ
画像

画像

画像

神原師匠がナマコの一種でしょうかという、何かわからんもの。
画像

サカナ
画像


潜り終わってからは、保田・ばんや
画像

今日は、カンパチ・コチ刺身盛り合わせ定食\1,100
画像

手ぶらで帰ると敷居が高いので、みやげはキビナゴの丸干し
画像

この頃、中性浮力をとるのが下手になった、関節が硬くなった、エアが早くなったと、感じます。

横浜ラーメン仁家再び

先日、カミさんと入った、横浜ラーメン仁家へ、会社のスタッフと一緒に昼行きました。
画像
大型トラック等も駐まっていて混んでました。

店内・・元スリーエフだったことは感じさせない・・
画像


麺のかたさ、スープの濃さ等選べる上に、テーブルの真ん中にはカラシ、ニンニク、ショウガも置いてあります。リピートすれば、好みの味加減が分かって来るでしょう。
画像

ハーフ餃子とチャーシューメンを注文。
(餃子は一つ食べてしまってから撮影)
画像

画像


世間的には定年間近の、私の歳には、昼食には少し脂が多かった感がありました。

横浜ラーメン仁家:http://www.jfood-genki.com/jinya/index.html

今年のトウモロコシ

春のトウモロコシが終了しました。
電熱線で加温して、1月下旬育苗ポットに播種して、苗を育てて定植、5月下旬に収穫という計画でした。
品種は、ゴールドラッシュ

現実は、2/10播種
画像

2/17生育中
画像

2/26定植前日の苗
画像

2/27定植
画像

ポリフィルムでトンネル
画像

4/17トンネル除去時
画像

5/6雄穂抽出・開花真っ盛り
画像

5/24収穫始まる
画像

5月30日収穫終了(食べ終わった)・・・実の写真を取り忘れました・・・小学生の自由研究にも劣る結末です。

栽培についても、移植をしたせいか、栽植密度のせいか、天候不順のせいか、実が小さく、満足出来ない結果でした。メロンも、5/1から受粉させているのですが、うまく受粉せず、全部の側枝に実が付いたのはつい先日です。

家庭菜園も難しいものだなと思います。

成田ゆめ牧場でセグウェイに乗りました。

今日は、スタッフと成田ゆめ牧場へ行きました。
混んでいるところがなかったので、
バーネットビレッジから55分ほどで到着しました。

予約しておいた、セグウェイに乗ります。18歳以上であれば、今のところ年齢の上限はないようです。
画像


このように運んできます。
画像


講習の後、10分ほど自由走行。重心移動で前後左右に移動し、その場旋回に近い動きもします。運転は難しくないと思います。静かです。
画像

画像

講習受講証がもらえました。
画像

便利な乗り物だと思いますが、立ったままなので30分くらいまでの使用が適当かと思いました。欲しいとは思うのですが、値段が今の半分くらいで、公道を走れないと、買えません。

終わった後は食事。バーベキューハウスで、焼肉でした。
画像

画像


ウサギや牛にさわったり、トロッコ列車に乗ったり、アイスクリームを食べたりと楽しんできました。気温が高く、日差しも強かったので、少し疲れました。だんだん夏に向かっています。

畦刈り

連休は、バーネットビレッジに大勢のお客様がおいでになりました。
この場をお借りして、御礼申し上げます。
また、行き届かなかったことも多々あったこと思います。
その点につきましては、お詫び申し上げます。

さて、本来は畦畔雑草を刈ってから、代掻き~田植えになるのですが、
連休前は雨が多く、畦刈りが出来ないまま田植えをしてしまいました。

今頃になって畦刈りです。木戸農機具利用組合のゼノア畦刈り機・・一枚の刃は平面を、もう一枚は斜面の角度に合わせて刈ります。
画像

画像


オーレック・スパイダーモア こちらは斜面を、カニ走りする草刈り機です。
画像

画像


5月から7月頃までは、農家は日々伸びる雑草とのたたかいです。
バーネットビレッジの芝生も同じなんですが。

ゼノア自走式刈払機:http://www.zenoah.co.jp/products_agri_cutter_selfrun.html?Link=?Appo=on&Proc=Brushcutters&Class2=Selfrun&AreaCode=JP&productid=61
オーレック・スパイダーモア:http://www.orec-jp.com/kusa7_nori.html

今日は田植えをしました。

田植えしました。品種はコシヒカリ。バーネットビレッジのフロントでも販売しています。

育苗中の苗
画像


田植え前の田面 左隅に写っているのは、田植機の後部と電柱の支線です。
画像


木戸農機具利用組合の田植機
画像


田植えを終わって夕方の田面(田植機の蛇行がはっきり写っています)
画像


この辺の農地は、昭和45年頃区画整理をして、30a(30m×100m)が標準的な区画です。昨今は農業機械が大型になってので、1ha(100m×100m)の区画整理が標準的と聞いております。我が組合で使っているトラクターで代掻きをするドライブハローの幅が3メートルですから、田が大きいほど効率がよいのは頷けます。
・・・日本の原風景といわれている棚田は、1枚の面積が3a(10m×30m)~7a程度らしいです。傾斜のない土地では揚排水が難しいので、古代の稲作は傾斜地で行われ、平坦地は湿地だったそうです。
で、昔は湿地だった私どもの地域は、今は利根川の水を田に引いて、排水の終端は排水機場の大きいポンプで栗山川~海へ排水して稲を栽培しています。
房総の銚子寄りの治水については、カムイ伝第二部にも、少し記載されております。(私はCOM派でしたので、ガロは購読しませんでしたが、第一部はリアルタイムで読んでいました。)

棚田:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%9A%E7%94%B0
大利根用水:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%88%A9%E6%A0%B9%E7%94%A8%E6%B0%B4
カムイ伝:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%82%A4%E4%BC%9D
ガロ(雑誌):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AD_(%E9%9B%91%E8%AA%8C)
COM(雑誌):http://ja.wikipedia.org/wiki/COM_(%E9%9B%91%E8%AA%8C)

長縄飛び

先日、バーネットビレッジにおいでになったお客様の写真です。
二組とも、芝生広場いっぱいに使って、長縄飛びをされていました。
最後は、かなりお疲れのようでした。
画像

画像

画像


今でも、長縄飛びするのですね。

私の子供の頃、何人かで飛んでいて、一人ずつ入って、一人ずつ出て行くのを、よくやりました。
歌いながら縄跳びしていたはずだったので、昭和22年生まれの姉に聞きましたところ、「ほーらほら 青山の エンドウ豆の しろうさぎ どんすけどん お殿様 おひめさま 家来どの 女中さん い-ちはっさい に-はっさい さ-んはっさい いちおぬけ に-おぬけ さんおぬけ」 だったでしょうと。半世紀も前のことなので、少し誤りはあるかもしれませんが、とのことでした。

金谷明鐘岬ダイビング~漁師料理かなや・フリップアップ式遠視用フレネルレンズ付マスク

今年最初のダイビングは富津金谷・明鐘岬でした。
海洋講習に同行させていただきました。

新器材買いました。度付きレンズ付きダイビングマスクです。
フードからはみ出た白髪交じりはともかくとして、老眼が進んで、カメラの液晶も、ゲージの目盛もはっきり見えないので、アポロ・フリップアップ式遠視用フレネルレンズ付バイオメタルマスクを購入です。
画像

画像

カメラを見るときと、ゲージやダイコンを見るときはレンズを下げます。
基本的にOKなんですが、上げた状態では、流れが速いとき抵抗になることと、
首を早く動かすと、マスクの隙間から、水が入るときがあることが難点。

さて、金谷の水面
画像


水中では、アメフラシの細麺状の卵塊がそこここに見られました。
画像

画像


ほかには、カタクチイワシの群れ(九十九里ではセグロイワシと言います)
画像

死滅回遊魚のはずだが、生き延びられたらしい、シリキルリスズメダイ。
画像

あちこちにいる、ムカデミノウミウシ
画像


無事に、二本とも残圧50でエキジット出来て、昼食は保田・ばんやの予定でしたが、火曜が定休で、金谷の漁師料理・かなやへ行きました。
画像

ぜいたくなめろう丼を注文しました。なめろうというよりはぶつ切りみそ和えでしたが、おいしかったです。
画像

向かいのSさんは、大穴子天丼
画像

バーネットビレッジの近くにも、ばんや、かなや、みたいなところが出来ないものかと、いつも思います。東京湾の方が九十九里よりも魚種が多いから難しいとは思いますが。

日本潜水機株式会社:http://www.apollo-japan.jp/jp/index.html
漁師料理かなや:http://www.hanto-kanaya.com/



横浜ラーメン仁家へ行きました。

この二日ほど、小雨が降り、かなり寒い。気温5℃とのこと。
バーネットビレッジではストーブもホットカーペットも片づけてしまいましたが、また引っ張り出さなければならないか、と思っているところです。
私の記憶では、昭和50年(1975年)の4月が雨が多く寒い4月でした。

それとは関係なく、先日開店した、横浜ラーメン仁家・横芝光インター店に行きました。バーネットビレッジの最寄りの横芝光I・C近く、スリーエフだったところです。
横浜が実家のカミさんは、私が住んでた頃の横浜には横浜ラーメンというものはなかったが、と言いながらついてきました。
画像


中はこのように。挨拶も勇ましい、今時のラーメン屋さんです。
画像

ゆで加減や味付けを選べるが、デフォルト値が知りたいので、今日は普通で。
画像


チャーシューメン+味付け玉子とギョウザを注文。普通のラーメンはこれからチャーシューを減らして玉子を抜いた感じ。太くて短い麺です。
画像

画像
ギョーザは味が付いてるので、まず、何もつけないで食べてみてください、と説明を受ける。何もつけないでもおいしかった。

電話等はこちら。
画像


国道126号沿いにラーメン屋さん沢山あるけど、皆特色を出すのが大変だろうなと思います。
いや、貸別荘屋も大変なんですけど・・・

横浜ラーメン仁家:http://www.jfood-genki.com/jinya/index.html

銚子へ花見に行きました・弐・島武水産~イオン

昼食は、千葉の観光ガイドによく掲載されている、
犬吠埼のすぐ近く、島武水産の回転寿司です。
画像

店頭にゴロンと魚が。銚子の猫は魚に飽きているのか。まさか猫またぎ?
画像

アカマンボウでした。うちではよく煮付けで食べるやつです。
画像

アカマンボウの寿司。個人的には、印象は薄かったです。
画像


テーブルには醤油が二種類置いてあります。
ひょっとして、銚子市民はヒゲタ派とヤマサ派がいて対立している?
何かというと、派閥争いがあって、ショーユを掛けあう?
隅に隠れてキッコーマンなど使おうものなら、
「わっらー、銚子のモンでねーっ、野田さ、けーれ!」と罵倒される?
画像


島武水産は、大きい具の寿司が売りの様です。サーモン
画像

白魚(これは特においしかった)
画像

タコ(オオダコといっていたが、大きく切っただけで、そういう種類のタコではないようだ)噛み切らずに呑んだら、悶絶必至です。
画像

過積載の貨物列車みたいに、具の大きい寿司が流れていきます。
画像


帰り道、最近開店のイオンショッピングセンターへ寄りました。
画像

駐車場から風車が何基も見えます。慣れてないので、視野の隅にクルクル回るものがあるのは気になります。銚子に行くたび、風車が増えてるような気がしますが。
画像


道路すいていたので、イオンから(要は、銚子の手前の方から)45分でバーネットビレッジに到着しました。


島武水産:http://www.catv9.ne.jp/shimatake/index.html/
アカマンボウ:http://www.zukan-bouz.com/fish/akamanbou/akamanbou.html
風力発電:http://sapporo.cool.ne.jp/photos/wind/cyoshi/cyoshi.htm

銚子へ花見に行きました・壱 ・忠霊塔~犬吠埼灯台

銚子が自宅のダイビングスクールTERRAの神原師匠に、
銚子で花見を相談したら、忠霊塔が良いでしょうとのこと。
バーネットビレッジのスタッフ4人と行きました。
・・・失礼ながら、銚子は花見スポットに恵まれていないようです。
あるいは、銚子市民は、花見=忠霊塔という刷り込みがあるのかもしれません。
と、思っっていたのですが、神原師匠は奥深い人なので、もっと深い意味、
「花をのみ 待つらん人に 山里の雪間の草の 春を見せばや」と、
花見に浮かれることもできず空襲で死んだ人々の無念に思いを巡らせなさいと、
諭してくれたのだと気がつきました。
画像
忠霊塔です。
画像
花が多く見えるように撮ってこのぐらい。


しかし、俗人の我々は時間が余ったと、急遽、改装なった犬吠埼灯台へ。
画像

螺旋階段の壁面が板張りになり、新しい手すりがついていました。
画像

隣接する資料館に展示されている光源
画像

快晴でしたが、風が冷たい日でした。お昼になってので、近くの回転寿司・島武水産へ向かいました。

銚子空襲・http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/kusyu-cyoushi.htm
犬吠埼灯台:http://www.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/choshi/inubo/index.htm

春休み慰労会・焼肉樹苑

今日は学生アルバイトの慰労会。我々も含めて14名。
昨年夏休みは、時間がとれず、一年ぶりです。
会場は、バーネットビレッジから一番近くの焼肉屋・樹苑です。
画像

画像


電話で予約時に頼んだ、ファミリーセットⅡ
画像


ライス大盛二杯平らげる男子高校生やら、豚コメカミを頼む女子学生やら(どこで知識を仕入れてくるんだ?)。
最後は、デザートで締めました。私は桜アイス。
画像


今日もよく食べました。
画像

氷はりました。

二日ほど北風が寒く、曇りや雨で、昨夜半から晴れて
気温が下がりそうと思っていたら、案の定今朝は氷が張りました。
画像

画像

画像


昨晩の外気温が2℃、バーネットビレッジ管理人の家庭菜園ハウス内が1℃。
ハウス内は散水すると7℃くらいまで上がるので、
一晩中散水しました。
ご近所の農作物への霜害が心配です。

焼肉 樹苑

カミさんと焼肉樹苑に行きました。
画像


和牛上カルビ二人前、豚カルビ一人前と、ミニクッパ。
画像

画像

画像

ほんとに脂肪の分解が能力が落ちていて、今日も食べ過ぎでした。

後ろの席の若者達が、ライス大盛りを注文していて、うらやましいと思いました。(若い頃から、大盛りを頼んだことはありませんでしたが)

大利根土地改良区総代会

昨日は、千葉県大利根土地改良区の総代会が行われました。
場所は、匝瑳市民ふれあいホール
画像


五十音順に前から着席していますので、吉田は一番上の方。
総代さんの頭が後ろから見下ろせます。
自分のことは棚に上げて申し上げますと、黒髪ふさふさの時が、過去にあった方々ばかりです。
画像


今回は、監事の改選、理事の補選があったので、議事が二時間ほど掛かりました。

終了後、必ずつきものの慰労会。今日の会場は小田部の割烹一条でした。
画像

画像


献血

今日は、町民会館に献血車の来る日です。82回目の献血に行きました。
画像


400mlの献血が出来ました。私は、400mlとれるということが嬉しい年齢です。
問診票の血圧だけは検査結果が来ないので、記録します。
画像


私のあとに近所のO木さんが来ました。私より遙かに若く、同じO型だそうでなので、万が一の折はよろしくとお願いしました。
画像


終わったあと注意書きを見たら、献血当日は水分摂取、酒は飲まないようにと書いてありました。
午後に千葉県大利根土地改良区の総代会があり、その後、懇親会もあります。少々困りました。体内の血液の1/12位取られて、アルコール摂取したら、酔うのが早そうです。

二十三夜講 山本さかなや

旧暦一月二十三夜の三夜講が昨晩行われました。
画像


お灯明と御神酒も上げます。
画像

場所は、いつもの山本さかなや
画像


時々珍しいものが食べられます。今回はサラガイのバター焼
画像

画像

前は、タイラギや、ウチワエビが出たこともあります。毎回楽しみです。

サラガイ:http://www.zukan-bouz.com/nimaigai/heterodonta/nikkougai/saragai.html


上野・土偶展

上野国立博物館で開かれている土偶展に行きました。
開催期間がこんどの日曜までなので、かなり混んでいました。
平日のせいでしょうか、私よりは年上の方々が多かったです。

画像

画像


前からの写真しか見たことがありませんでしたが、遮光器土偶の背中も見る事が出来ました。

後ろ姿と言えば、薬師三尊が展示されたときは、光背が外されていて後ろ姿を拝めました。唐招提寺の鑑真和上像のときは、少し伸びたヒゲが手書きであることを発見しました。

東大寺は無理でしょうが、奈良の方でお寺の修理があると、ご本尊が上野においでになって身近に拝することが出来るのはありがたいです。

見終わってから、歩いて移動。科学博物館前の野口英世博士。
上野公園にはかなり昔から行っているのですが、この銅像が建っているのに気づいたのは、数年前です。
画像


そのあとは、西洋美術館が世界遺産登録審査のため休館の看板を見たりしながら、駅前のじゅらくでチャーシュー麺を注文しました。
画像


上野公園は緑が多くて好きです。

東京国立博物館:http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00/processId=00
唐招提寺:http://www.toshodaiji.jp/
西洋美術館休館のお知らせ:http://www.nmwa.go.jp/jp/visit/calendar.html

またも・雪!

私が書くまでもないのですが、今朝は雪降りました。
昼頃までには、とけましたが。
画像
バーネットビレッジ芝生広場
画像


今年の冬は寒いと思います。
外で建物の塗装をしているから、そのように感じるだけではなさそうです。
気象庁の長期予報は今年も暖冬だったと思いますが。

自分の記憶では、長期予報が暖冬→暖冬もあれば、寒冬もある。
長期予報が寒冬→寒冬だったことはない。
前の年が暖冬だと、次の冬も暖冬と予報することが多い→
多分来年の冬は寒冬予報を出して外れる。

地球温暖化が危惧されて久しいけれど、こういう冬が来ると、本当にそうなのと、思ってしまいます。
温暖化と関係なく、資源の無駄遣いはしない、二酸化炭素は出さない、無駄にクルマ乗らない、というのは正しいことでしょうけれど、まじめなだけの学級委員長みたいに、そればっかりを声高に主張されるってのは、どうも苦手です。
個人的には、今の温暖化論議って、科学的というよりは、政治的、経済的なハナシになってるような気もしていますが。

エヴァギター1/8 REI-STRATO REI-TELE

昨年12月に、ネットオークションで話題になったギターの1/8モデルが来ました。
本物のネットオークションは私とは縁のない価格でした。

こんな箱に入っていて
画像

こんなケースに入っています。
画像

画像

画像
弦は裏通しではなく、ナイロン弦(テグス?)。フェンダーUSAカスタムショップ製と違ってプラスチック成形のデタッチャブルネック、中国製。

フェンダージャパン製1/1との比較です。Stratocaster
画像

画像

画像

Telecaster
画像

画像


また、むだづかいをして! と、カミさんにたしなめられそうです。

REI GUITAR TYPE01-STRATOCASTER(TM) 1/8MODEL:http://www.evastore.jp/index.cgi?rm=detail&id=2948&genre=50_figure&page=&key=&8%A1%E04=2%A1%DE0
REI GUITAR TYPE02-TELECASTER(TM) 1/8MODEL:http://www.evastore.jp/index.cgi?rm=detail&id=2949&genre=50_figure&page=&key=&8%A1%E04=2%A1%DE0

澪浚い(みおざらい)

今日は、私の住んでいる集落・長塚区の澪浚い(みおざらい)です。
現代語で言えば、排水路掘削のことです。
住民が鎌やスコップを持って集まり、水路の周りの草を刈り、土砂を掘り上げます。
毎年2月に行われますが、今日は好天に恵まれました。
画像

下の写真は光しおさい公園サッカー場横の水路です。
画像


休憩は、缶飲料と、菓子パンが配られます。
画像


昼食は、Hotto Mottoの弁当。
画像


午後3時から行われた慰労会は、刺身と乾きものでした。
画像


基本的に勤労奉仕なのですが、年に一回、皆でだべりながら、だらだらと集落の内外を歩いて一周するレクリエーション日と私は理解しております。

横芝  居食処 蔵や

居食処蔵やは、横芝駅から1キロぐらい屋形浜方面に下ったところにあります。
食堂だと思うのですが、メニューの多さは居酒屋並みです。

夜だったので、店の前が暗いのですが。
画像


カミさんはミニネギトロ丼。ミニと言ってもネギトロがソフトクリームみたいに盛り上がっている。
画像

私は海鮮丼。魚貝がたくさん乗っている。
画像

そして、カキフライ。
画像


量が多いのは知っていましたが、完食できませんでした。残念です。
味はかなりおいしいのですが、食べ切れずに、飽きてしまいました。
おなかをすかせた若者達にはおすすめです。

ランチメニューです。
画像


居食処 蔵や: http://yokoshibahikari.jp/ippin/syokuji/kuraya.htm

田んぼの準備・・耕起、畦塗り

稲の準備は始まっています。
1月19日に水田耕起をしました。
藁等の腐熟や雑草の根を寒さに当てて枯らす効果があります。
画像


2月9日は私も属している木戸農機具利用組合の海保さんが畦塗りをしてくれました。
画像
トラクターに畦塗り機をセットして作業します。
画像
画像

画像

三十年くらい前までは、人間が鍬で泥を塗っていました。
ずいぶん楽になりましたが、米価は下がり気味です。

会社の顧問税理士に、どうして米は安いままなんだ?と聞いたことがあります。
彼は言いました。食糧が高くなったら、農業以外の大多数の国民から不満がでる、政府が転覆する、暴動が起こる、革命が起こるかも知れない。
だから、国家は食糧を含む生活必需品は低い価格水準のまま保とうとするのは当然だ、と。
なるほどと思うと同時に、なんだかなあとも思いました。

天神様 かがり火

2月3日は節分。
我が長塚下里では、天神様のかがり火が行われています。
昔から、大晦日と節分の夜は、かがり火です。
天神様の周りの林を夏に剪定したものを燃やします。
画像

画像


ま、だらだらと世間話をしながら、酔っぱらうだけですけど。

そして、一夜明けて、外を見たら、雪。
画像

この冬は建物を塗り替えているんですが、今日は・・・寒かった。


天神様 祭礼

1月24日に地元長塚下里 天神様のお祭礼~新年会に出席しました。
旧来は1月25日でしたが、参加しやすいように第四日曜日に変わっています。

天神様はバーネットビレッジから歩いて5分・御利益はありそう。
画像

画像

地区の方々が集まっています。
画像


お参りが終わって新年会会場。
画像
 男どもは来年度の地区役員等を決め、女性は子安様の掛軸をかけて拝む。
画像


ま、このあとは酔っぱらいがカラオケ始めるだけですけど。

人間ドック・中華幸楽

昨日は、カミさん共々匝瑳市民病院にて人間ドックでした。
ここは2回入院してお世話になったことがあります。
画像


検査の流れと、病院内地図。去年よりカラフルになっていた。
画像
画像


病院特有の殺風景感。それなりに好きです。
画像


カミさんは、初めての胃カメラ及び人間ドック。前日は非常にナーバスでした。
検査結果は2週間後と。人間ドック以外で来院しないで、すませたいものです。

終了後は昼食。R126沿いの中華・幸楽。私は五目そば、カミさんは堅焼そば。
際だった特徴がないけどおいしいってのは、大したものだと思います。

中華 幸楽:http://yokoshibahikari.jp/ippin/syokuji/kouraku.htm
国保匝瑳市民病院:http://www18.ocn.ne.jp/~sousa-hp/toppage.html

映画アンダンテ・割烹浜菊

主に横芝光町で撮影された、映画アンダンテをバーネットビレッジスタッフと、町民会館へ見に行きました。
製作協力費を一口協力したので、エンドロールに貸別荘バーネットビレッジの字が出るかどうかの確認も兼ねます。
画像


横芝光町民会館の観客の皆様
画像
映画は詳しくないので、感想は控えたいと思います。
いろいろな映画を見ているわけではないので、何ともいえません。

昼食は、匝瑳市飯倉・オーシャンマート126近くの割烹浜菊(浜菊食堂)で。
食事処は詳しくないけれど、浜菊はおいしいと思います。
いろいろなメニューを注文していますが、ハズレと感じたことはありません。

おすすめランチメニュー
画像
でも、注文したのは、マグロ丼セット・カレーうどん付き
画像


割烹浜菊(浜菊食堂):http://gourmet.yahoo.co.jp/0004006281/
映画アンダンテ ~稲の旋律~ :http://andante.symphie.jp/

木戸浜 散歩

歳のせいか、今朝は5時前に目覚めてしまい、木戸浜へ散歩に行きました。
5時過ぎの海・・当然真っ暗。
画像


波打ち際を歩く。ハマグリ、赤貝、ツメタガイ、ムラサキイガイは普通なので省略
アカニシ・・サザエの代用品になるそうだ。
画像

ヤツシロガイ
画像
ヤツシロガイ色彩変異
画像

ヒトデ(名前が分からない)
画像

この辺ではアワイシと呼んでいた、まだ岩になってない塊
画像

エイの卵嚢
画像
海岸へ行くと、この黒いものが風で飛ばされていて、子供の頃からなんだろうと思ってました。数年前、勝浦市海の博物館にこれが標本になっていて、ガンギエイの卵嚢というラベルが付いていて、疑問が氷解しました。

6時5分、空が明るくなってきました。(少し明るく補正してあります)
画像


ヤツシロガイ http://www.zukan-bouz.com/makigai/bansokurui/yatusirogai/yatusiro.html
アカニシ http://www.zukan-bouz.com/makigai/sinfukusoku/akkigai/akanisi.html

妙見様・星宮神社・北辰妙見菩薩

私の家では、正月に三幅の掛け軸をかけます。
いつからか知りません。何なのかも分かりませんでした。
画像

私の父(生きていれば93歳)は右が歳神様、中央が天照大神、左が高砂と言っていました。
何年か前、姉が千葉城・千葉市郷土博物館で、右のと同じデザインのものがあり、妙見菩薩と書いてあったと言います。昨年千葉城に行き、学芸員の方に写真を見せて教えてもらいました。左手に宝珠を持ち、右手に刀を持って、玄武に乗っている、典型的な妙見菩薩像とのことでした。
画像

画像

画像


中央の軸は、は、妙見様の仏教的な姿だそうです。やはり、右手に剣、左手に宝珠を持っています。左側の弓矢を持っているのが八幡様、右側の岩みたいなのを持っているのは、道教系の神様だそうです。学芸員さんは「本地」という言葉を使いました。
画像

画像

画像

画像


左の軸は、めでたい図だそうです。(私見ですが、鹿がいるから寿老人?)
画像

画像

画像

画像


学芸員さんは、全体的に仏教系の影響を受けた感じの絵で、江戸期の物でしょうとのこと。
地元長塚には、星宮神社=妙見様と呼ばれる神社があります。今でも長塚内の別の里では一月第三日曜に妙見様の祭礼をしています(掛軸は無いそうです)。うちの里は一月二十五日前の日曜に天神様の祭礼。

我が家は1703年元禄地震の津波で家屋倒壊したそうなので、その後に何代目かの治左衛門さんが、この掛け軸を入手して、正月にかけることにしたのでしょう。


妙見菩薩:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%99%E8%A6%8B%E8%8F%A9%E8%96%A9
千葉城:http://www.city.chiba.jp/kyoiku/shogaigakushu/shogaigakushu/kyodo/kyodo_top.html


あけましておめでとうございます。

バーネットビレッジ管理人でございます。
本年もよろしくお願いいたします。

たぶん、あちこちのブログで初日の出の写真がアップしていると思いますので、富士山です。バーネットビレッジ近くの栗山川河畔で見える場所があります。
画像

画像


初日の出は、うちの娘夫婦が木戸浜まで行きました。寒かった、混んでいた、という感想です。日の出直前の画像です。
画像


ついでに、うちの雑煮です。
画像
この雑煮にハバノリ+アオノリをかけて、
画像

画像
海草を食べるというのがこの地域の正月です。

布団・炊飯器交換

バーネットビレッジの備品のうち、ポット、炊飯器、掛布団、敷布団を交換しました。
たまにですが、お客様から掛布団が重いという苦言を頂戴しておりまして、全棟の敷布団、掛布団を交換することとなりました。

沸騰ポットは、Aタイプが2,2リットル。B,Cタイプが3リットル
炊飯器は、A,Bタイプに1.8リットル炊きを。Cタイプは数年前に替えたので、今回見送りです。

敷布団は羊毛三層、掛布団は羽毛になりました。布団が新しいので厚みがあり、押入がいっぱいです。
画像



環境衛生組合が年末年始の休みで、布団等は倉庫に積んでありますが、
全棟の掛・敷布団を積むととかなりの量でした。(炊飯器、ポットだってすごいけど)
来年になったら、軽トラックで衛生組合に日参することになります。

12月のうちに20枚だけ、衛生組合へ搬入したのですが、係のおじさんが、
「まだキレイだから刑務所にでも寄付したら」って言ってくれたけど、そちら方面に
知り合いがいないので、やはり全量衛生組合搬入です。

道の駅 オライはすぬま

画像
オライはすぬまはバーネットビレッジからクルマ10分くらい、山武市蓮沼の道の駅です。
町村合併前の蓮沼村の頃にオープンしました。

真ん中が物産館、右がレストランです。
画像


物産館は、生の魚貝類はありませんが、それ以外の食材、みやげ物は種類豊富です。ミルキークイーンという米も置いてありました。
画像


おばこやのモツ鍋に近い味のタレ付き生モツが売ってますが・・本日売り切れ
しかも、製造元橋村商店は12/31~1/4は、年末年始休業らしい。
画像

売り切れた生モツの上の棚は、タンハツレバカシラの串、
その上は味付けモツとガツニンニク漬け
画像


海水ネギは、台風のあと海水の飛沫を浴びたネギが味が良くなったことから、
薄めた海水を何度か散布して栽培したネギのことらしい。海岸沿いの産地しかできない技?
画像


当地、旧光町木戸地区は大正時代からネギ栽培をしていたそうだが、海水を散布している農家はいないみたいです。

オライはすぬま:http://www.oraihasunuma.com/
橋村商店:http://hashimurasyouten.com/

海水ネギ:http://www.ja-sambugunshi.or.jp/einou/sanchi_9.html

はばのり・ハバノリ

はばのりは正月のお雑煮の上に掛ける海苔です。アオノリと混ぜたりします。
昔は、アオノリの方が高かったけど、今は圧倒的にハバノリの方が高いです。
画像

画像


この時期、近くのスーパーで売っています。

フードショップいちはら
画像

スーパー村の市場
画像

スーパービッグハウス
画像


はばのりを掛ける地域が知りたくて、アルバイトの子達に聞いてみると

九十九里町、山武市成東→掛ける   旧横芝町→掛ける
旧光町の海岸地域→掛ける       旧光町の内陸部→まちまち
匝瑳市野栄→ほぼ掛けない       多古町→はばのりを知らない
というような結果となりました。

親戚関係では、
鋸南町→掛ける 匝瑳市横須賀→掛ける  です。

多分、昔の上総地区(旧山武郡より南)のものだと思うのです。
下総地区は、元々は掛ける習慣がなかったと思います。
光町は上総地区と栗山川をはさんで対岸であることから、昔から姻戚関係が多く、
はばのりをかける習慣が移動したと思われます。

現に、光町木戸から野栄へ婿に行った知人は、婿入り先の家では掛ける習慣がなく、
正月の雑煮は、一人だけ、ハバノリをかけて食べるそうです。
また、光町のご近所の家では、じいさんが野栄から婿に来て、
その次の代の嫁さんも野栄から来たから、はばのりは食べないそうです。

ネットで見ると、三浦半島あたりも食べる習慣があるそうですが、雑煮に掛けるというわけでもないようです。

うちの雑煮は、けんちん汁状のつゆに、ゆでた切餅いれる、はばのり掛ける、です。
カミさんの実家(横浜市港南区)の雑煮は、すまし汁にダイコンが入っただけみたいなのだったので、具が少ない、と思ったものです。

はばのりは、漢字で幅海苔・羽葉海苔と書くそうで、幅が利くように、という縁起担ぎもあるらしいです。
私の場合、毎年食べますが、余り幅は利いていません。

(追補)鋸南町の親戚がハバノリは、富津・金谷あたりが北限で、
それより北の東京湾沿いは、アサクサノリ文化圏とのこと。
・・・岩浜にはハバノリが育つが、コンクリート護岸以外の砂浜は育てない。 
それで、砂浜は浅草のり、岩浜がハバノリ、九十九里は砂浜だが、
波が荒く海苔の簾立てが出来ないので、ハバノリ文化が北上したものと考えられます。


はばのり:http://nipponsyokuiku.net/syokuzai/data/037.html
      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%90%E3%83%8E%E3%83%AA
      http://www.zukan-bouz.com/kaisou/kassou/kayamonori/habanori.html
      ハバノリ、はばのりで検索するとたくさんあります。

かいそう・・海草です、海藻ではなく。

九十九里~銚子に掛けて食べる習慣のあるローカルフードです。
コトジツノマタ、またはツノマタを煮詰めてどろどろにしたモノを
型に流して冷やして、食べるとき切って醤油、青のり等を掛けて食べます。
コトジツノマタの方が高く本海草と表示されます。

フードショップいちはらにて
画像

画像
左の557円がコトジツノマタ

できあがったのも売っています。
画像


この時期はどこのスーパーにもあります。村の市場にて
画像


本海草・コトジツノマタ・高い方・を買いました。
画像

画像


私どもの地方の冬には欠かせないものなのですが、・・ただ、煮詰めてるときは、かなり異様な臭いがします。


海藻を煮詰めてとかして固めるというのは、ところてん、オキュウトなどと同じです。

かいそうを考えるページ:http://www.portland.ne.jp/~tuberi/kaisouno.htm
海草図鑑コトジツノマタ:http://www-es.s.chiba-u.ac.jp/kominato/choshi/algae/kaisou/aka/kotozi/kotozitunomata.htm
かいそう:http://park1.aeonnet.ne.jp/~hitachi-castle/01isf/rokkou/kashima/kaiso/kaiso.htm
フードショップいちはら:http://yokoshiba-hikari.com/ichihara/
スーパー村の市場:http://muraichi.jp/

中華 幸楽

横芝光町・芝崎十字路近くの中華・幸楽へ行きました。

良い意味で、ごく普通の中華屋さんです。メニューはこちら。
餃子の欄が写っていませんでした。\420です。
画像


チャーシュー麺と餃子を注文。
ラーメン・・40年変わらぬ味とありますが、チャーシュー麺も懐かしい味です。
画像

餃子は注文する人多数。
画像


黒い前掛のニイちゃんが店長やっているラーメン屋が話題になりやすいけれど、
こういった、普通の中華の店も悪くないんじゃないかなと思います。
この次は、五目ソバ:昭和30年代の懐かしい味をそのままに、を注文しようと思います。

中華料理 幸楽 http://yokoshiba-hikari.com/kouraku/
          http://yokoshibahikari.jp/ippin/syokuji/kouraku.htm

おばこや

先日、大学時代の友達、福島の伊藤君が仕事がらみで立ち寄りました。
いつの間にか、酒造業界では有名な人らしいです。
彼は、もつ焼きの店・おばこやが大好きで、それが目的で、千葉に来る節もあります。
日本各地でいろいろなものを食ったが、ホルモンについては、ここが一番うまいと言います。
味覚が鋭敏じゃないとつとまらない業界の人ですから、たぶん本当なのでしょう。

ラストオーダー19時30分なので急いで注文して、くし焼きの写真を撮るのを忘れ、食べかけです。
画像


もつ鍋は、ちゃんと撮れました
画像
こちらはたべかけですが
画像

おばこやのメニュー。このカウンターの中が厨房です。(写真クリックで拡大すると思います)
画像
もつ鍋\500/人、くし焼き\80/本と、値段も割安です。

おばこや http://obakoya.net/
伊藤君  http://www.ninki.co.jp/blog_2.html
       http://www.kuramotokai.com/kikou/36_okunosyuzou_water

高野水産

高野水産は、近くの魚屋さんです。
画像


木戸農機具利用組合の忘年会をするのに、寿司、刺身、寄せ鍋セットを配達してもらいました。
画像
 寿司3人前¥3,150

画像
 刺身盛り合わせ¥5,250

画像
 寄せ鍋材料¥5,250


農機具利用組合の組合員さん(要は農家のダンナですな)も、
高野水産、腕を上げたな!!と喜んで食べていました。
ラップ掛けたまま写真撮ってしまったので、反射していますが。

頼むときに、「刺身と寿司と寄せ鍋セットお願いします、6人で食べます」
という、注文の仕方が出来るので楽です。刺身\700/名~、寿司\1,000/名~とのことです。
ハマグリ、カキ、サザエ等貝類は、ないことが多いので、事前に注文した方が良です。

この店は、午後には店頭の黒板に入荷した魚の種類が書いてあるので、
前を通ったとき、気に入ったモノがあれば、さばいてもらって、夕食のおかずにすることも多いです。本日入荷の黒板の上に見えるのが高野さんです
画像


高野水産 http://www.mapion.co.jp/phonebook/M26032/12410/0479842811-001/

炭火焼肉 樹苑

一番近くの焼肉屋さん 炭火焼肉・樹苑へ行ってきました。
画像
デジカメに手ぶれ補正が付いてるにもかかわらず、少しぶれました。

食べたのは、牛もつ鍋、若潮牛、ミニクッパ。
画像

画像

画像

今日はアルコールを摂取する予定がなかったので車で行きましたが、
1.5キロくらいの距離なので、がんばれば歩いてゆける距離です。

・・ここは、学生アルバイトの慰労会にも利用させていただくのですが、
昔は、花も恥じらうと言う呼び方をされた女子学生が、カルビと焼野菜の盛り合わ
せとか、タン塩とかキムチとかセンマイとか石焼きビビンバとか注文して、
目を見張るほど食べます。

あの若さ、言い換えれば消化吸収能力が、とても、うらやましく感じます。


コタマガイ

コタマガイはスーパー・ビッグハウスで平貝という名前で売ってる二枚貝です。
画像

画像

ジュースとか買いに行ったついでに買ってきました 296グラムで201円が安いかどうかはともかくとして、
ためしてガッテンにで放送していた、アルミホイルで包んで強火で2分30秒というのをしてみたかったので。

画像
ホイルに二重に包んで2分過ぎ・・汁が噴き出して来ます。

コタマガイは、ハマグリに比べて、汁が少なく、味もあっさりしています。
画像

殻は加熱すると色が変わります
画像



コタマガイ http://www.zukan-bouz.com/nimaigai/heterodonta/marusudaregai/kotama.html
ビッグハウス http://www.taiyoh.co.jp/shop/yokoshiba.html

謹告 弊社のAEDは日本光電のものです。

昨晩、日本光電のAEDの不具合のニュースをテレビで見ました。
3人くらいの人が頭を下げていました。

今朝の新聞にも載っていました。(写真は読売新聞から
画像


バーネットビレッジのロビーに設置しているAEDは日本光電成田営業所から
買ったものです。
カルジオライフAE-1200という製品ですが、不具合の出る可能性のある
機種に入っています
画像

画像

画像


設置後2年あまりたちまして、パッドとバッテリーは交換しましたが、
幸いなことに、今まで実用に供した事はございません。

今日からの連休は、今まで以上に使わずに済むことを切に望んでおります。
生きるか死ぬかの瀬戸際で使う器械が、不具合が出るかも知れないモノでは、
あんまりでしょう。

昨晩のテレビでカメラに向かって最敬礼しているぐらいだから、
日本光電の社内では不具合が知れ渡っているとは思うのですが、
ユーザーである私どもには、なんの連絡もありません。
その会社の方針でしょうから、とやかく言う筋合いもございませんが。

日本語で、「パッドを袋から出して下さい」とか言う操作説明があるので、
日本光電のAEDがカルジオライフという米国製品とは知りませんでした。

①日本光電:AED(自動体外式除細動機)とは  http://www.nihonkohden.co.jp/aed/
②AED自主改修対象製品検索  https://order.nkc.co.jp/jsystem_aed/judgment/index


②のページの自主改修対象製品検索で製造番号入れたら、自主改修対象製品でした。
・・・改善されたソフトウェアへの変更は、平成22年5月から順次実施させていただきますが・・・とのことです。

型名 AED-1200    製造番号 002**
お客様の製品は、自主改修対象製品です。
担当者より、お客様へ自主改修のご連絡ならびに対応を順次実施しております。
ご依頼・お問合せ事項がある場合は、以下の自主改修該当製品フォームより、ご連絡先をお送りください。
担当者より、ご案内申し上げます。
  







鹿島港ダイビング

鹿島港へ潜りに行きました。
ダイビングコンピューターが壊れて新しいの注文してあったのですが、
先日、Terraの神原師匠から、ダイコン来てますよとの連絡あり、
木曜に取りに行きますと言ったら、その日は鹿島へ行きますよ、とのことなので
連れてっていただきました。
鹿島は、かつて海洋講習のの場所だったので、何本も潜ったところですが、
このところ足が遠のいていまして、07年の1月以来です。
画像
着く頃から雨が降り始め、雨が小やみになるのを車中で待ちました。
クルマの中で神原師匠は、左の方に見える堤防の先で、知り合いが
夜潜っていたら、ワゴン車が落ちているのを発見して中に人がとか、
その手前の護岸の上で、若いグループが揮発性の溶剤を吸っていて、
うち一人が海に落ちてとか、旭のかんぽの前で流された人が大原で
発見されてとか、昼間から百物語ですかと、言いたくなるようなお話を、
これから海に入ろうという我々に語って下さいました。

雨が小やみになり、外に出ると・・寒い・・・。 気温10℃とのこと。
早く着替えて、水温15℃の海に入ろうと、急いでセッティング
画像
海の中はいつもの鹿島でした。

画像
上がウスイタボヤ? 下がマボヤ
画像
ヒトデとイシガニ
画像

画像
ムラサキハナイソギンチャク・・大きな個体がないので、毎年冬には死滅しているのかも
雨の中で着替えて、小見川の和久へ。カツ丼とたぬきそばセット
画像
熱い蕎麦で一息つきました。
若者二人は、気温10℃・水温15℃をウェットスーツで持ちこたえていましたが、
冷えは老体をむしばむので、、師匠と私はドライスーツでした。
この歳で若者の真似などしようものなら、持病の癪、神経痛、高血圧、不整脈、
痛風、高血糖などが一気に吹き出てしまい、命取りになりかねません。

このごろは、一緒に潜る方達に、ご両親の歳を聞くことが多く、しかもですよ、
私より年下のことが多くなってきました。

マボヤ http://www.zukan-bouz.com/sonota/hoya/maboya.html
和久  http://navichiba.com/0478-82-8109/

トウモロコシ収穫

いよいよ、スイートコーンが収穫できました。

実は、追い蒔きしたゴールドラッシュはもう食べてしまって、
本命のキャンベル90の収穫です。(ピーターコーンも混じっていました)
画像

画像

で、カミさんはカミさんで、山芋が採れたから写真を撮れと言い、
画像

晩ごはんは、左下が落花生、左上山芋、右下トーモロコシ、その上ユズ、
写真に入ってないけどシイタケの煮たものと、自家産中心でした。
画像


私はグルメではないので、さほど美味珍味にこだわりませんが、
自分で採る、自分で栽培することはかなり好きです。
採集、農耕の好きな旧型日本人でしょうか。

佐倉・歴史民族博物館

何年か前に、佐倉市役所にモンキーパンチのカレンダーを
買いに行ったときついでに見て、後日丁寧に見ようと思っていた場所です。
本当に丁寧に見るには、二日ぐらいかかることが分かりました。
さすが、国立だけあって、展示も本当に手が込んでいるので、
一日で全部の展示を見ようとすると、かなり疲れます。


今回の催し物はこれ
画像


常設展示も、なかなかです。ストロボなしなら撮影OKです
画像

画像


ここの展示は、縄文から始まって、近世まであるのですが、
ねらったんですか?と聞きたくなるような展示もあります(写真クリックすると大きくなります)
>画像

来年3月から、現代の展示も始まるそうです。真空管ラジオと、
シルバーピジョンスクーターと、テスコのエレキと、まぼろし探偵のお面でしょうか。

上野の博物館と違い、灰皿がふんだんにあります
画像

今日は、黒米ご飯のおろしトンカツセットを食べました。
画像

思い切って、縄文土器に黒米よそったらどうでしょう。弥生時代とごっちゃですが。


国立歴史民族博物館 http://www.rekihaku.ac.jp/

二十三夜講

昨晩は旧暦九月二十三日。
地元長塚下里では二十三夜講の日です。
普段は、お三夜、三夜講、と言います。

江戸時代から連綿と続いていると思われます。
月待ち信仰の一つのようです。
子作りしては、いけない日という人もいます。

数年前まで、当番の家に集まり、酒を飲んで歓談して
22時頃解散というスタイルでした。
今は居酒屋山本(山本鮮魚店経営)を会場に行っています。
当番家の負担が大変とのことで、変更になりました。

画像
壁のメニューの上に掛軸を吊ってしまうところがステキです。

三夜様の掛軸は昭和五十年頃表装をやり直しています。
勢至菩薩が二十三夜の月の上に乗っている構図です
画像


今日の料理は
画像

画像

画像
次回は旧暦十一月二十三日か二十六日。年末年始と
ぶつかることが多いので、幅を持たせたと思われます。
次回は十一月二十三日、新暦1月7日に決まりました。

二十三夜待ち http://koyomi.vis.ne.jp/doc/mlwa/200810210.htm
二十三夜講  http://www.d3.dion.ne.jp/~arot/Sekibutu-2-3.htm
二十三夜塔とはhttp://www.harasangyo.co.jp/reader/file12.html
二十三夜講あれこれhttp://plaza.rakuten.co.jp/masiroku/diary/200611290002/

初霜がおりました

昨日11月4日は、朝起きたら霜が降りていました。
自分の知る限り、11/4が一番早いのではないかと思います
画像

画像


11月3日夜の気温は4℃くらいでした。
ビニールハウス内は3℃。低温に弱いトウモロコシが危機です。
灌水チューブで散水し続けたら7度まで上がったので、
そのまま、朝まで散水を続けました。大丈夫だったようです。
画像

画像



トウモロコシの絹糸抽出が10月10日くらいからだったので、
11月初旬には収穫できるかもと思っていたら、まだまでです。
本格的に寒くなる前に収穫できないと大変です。
あせっても、どうにもならないけれど。

タキイ種苗 キャンベラ90 http://www.takii.co.jp/CGI/tsk/shohin/shohin.cgi?breed_seq=00000094&hinmoku_cd=ACR&area_cd=3&daigi_flg=0

ながらみ

「ながらみ」は、貝の名前です。正しくはダンベイキサゴと言います。
砂浜で捕れる巻貝で、九十九里では、なじみの貝です。

海のない県に就職してしまった次女が帰ってきているので、
食わせてやろうというところです。
その次女が、海のない県の大学で何かの折、「ナガラミ」という
単語を口にしたら、千葉の人?と聞いてきた娘がいて、
その娘も九十九里の人だったそうです。

本当は焼きハマグリをしようと水戸屋へ出かけたのですが、
もう売り切れたよ、ナガラミならあるよ、と言うのでそれを購入。
1.8キロくらいで2,200円でした。
水戸屋は、駐車場が難点で、お客様には紹介していません
画像


生のナガラミ
画像


殻を洗ってゆでます。ゆでると白っぽくなるんですね
画像


食べ方は、楊子を身に刺して引っ張り出し、身のふたを取って
しっぽの方の内臓をちぎって捨てて、口に入れるという食べ方です。
居酒屋等のお通しにもよく出てきます。


夕食はシイタケのご飯とサンマ(とナガラミ)でした。
画像


食べきれず残ったのは、殻をむいて、佃煮風に煮ました。
とろみをつけようと、溶いた片栗粉を入れたら、量が多すぎ、
みたらし団子状態になってしまったので、写真は割愛です。

子供の頃、ハマグリよりもナガラミの方が沖の方にいるので、
捕るのが大変で、高級だったように記憶しています。
今は、地物のハマグリ(汀線ハマグリというらしい)も高級で、
水戸屋さんには白ハマグリ(ホンビノスガイ)を勧められました。
ホンビノスガイもおいしいんだけれど、ハマグリ系の味ではなく、
青柳系の味だと思います。
それだったら、スーパービッグハウスでヒラガイという名前で売っている、
コタマガイのほうが、だいぶハマグリに近い味です。


ダンベイキサゴ
http://www.zukan-bouz.com/makigai/kofukusoku/nisikiuzugai/danbeikisago.html

チョウセンハマグリ(汀線はまぐり)
http://www.zukan-bouz.com/nimaigai/heterodonta/hamaguri/chousenhamaguri.html

コタマガイ
http://www.zukan-bouz.com/nimaigai/heterodonta/marusudaregai/kotama.html

ホンビノスガイ
http://www.zukan-bouz.com/nimaigai/heterodonta/marusudaregai/honbinosu.html